概算人件費シミュレーションの残業手当の計算方法

残業手当の計算例

 「週あたりの残業計算基準」の設定が以下の場合
   設定:週40時間労働
   起算日:日曜日

 

 

  1.  1日の労働時間が8時間を超えているため、超えた分(1時間)に対して残業手当がつきます。
  2.  週の労働時間が40時間を超えているため、1日の労働時間が8時間を超えていなくても残業手当がつきます。
  3.  週が変わったため、残業手当の計算がリセットされます。

この記事の改善のために、ご意見をお聞かせください。
この記事は役にたちましたか?

関連する記事